2010年11月08日

Herokuとgitを使った簡単なサイト構築の手順

Windows7で、Herokuとgitを使った簡単なサイト構築の手順をメモしておきます。

あらかじめ、Herokuへの登録と、HerokuのAPIのインストール、msysgitのインストールを行ってください。
詳しくは色々なサイトで紹介されているので、ここでは省略します。

サイト構築の基本的な流れ

ローカルでアプリを作る
$ rails new アプリ名
$ cd アプリ名

Herokuでsqlite3を使えるようにする
アプリルートのGemfileに以下の行を追加しインストールする
gem 'sqlite3-ruby'

$ bundle install

gitに登録する
git init
git add -A
git commit -m "new app"

Herokuにアプリを作成する
heroku create アプリ名

Herokuにアプリを配置する
git push heroku master

Heroku上のアプリを起動する
heroku open


ここまでで基本的にはHerokuでサイトが公開されたと思います。

以下にその他構築途中で何度もお世話になるコマンドを載せておきます。

DBをマイグレートするには
heroku rake db:migrate

ローカルで変更を加えたら
git status
git add .
git commit -m "メッセージ"
git push heroku master

ページでエラーが出たら
heroku logs

タグ:Rails heroku
posted by まーつん at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

Herokuでrake db:migrateができずにハマった

Herokuでrake db:migrateができずにハマったので、そのログです。

エラー内容:
 $ heroku rake db:migrate
を実行したところ、以下のようなエラーが出てしまいます。
 rake aborted!
 no such file to load -- sqlite3

対応方法:
アプリケーションルートフォルダのGemfileに以下の内容を追加しました。
 gem 'sqlite3-ruby'

この後、編集内容をgitへ適用し、herokuへUploadしました。
 $ git add .
 $ git commit -m "change Gemfile 3"
 $ git push heroku master

そして、もう一度db:migrateに挑戦したところ成功しました。
 $ heroku rake db:migrate
 (in /disk1/home/slugs/342064_1135e99_4eee-64daf83d-d619-416a-9bbc-9f8ba99a09e1/mnt)
 == CreatePosts: migrating ====================================================
 -- create_table(:posts)
 -> 0.0103s
 == CreatePosts: migrated (0.0104s) ===========================================

3時間くらいハマりましたけど、gitとHerokuの勉強になったので良しとしよう。
タグ:Rails
posted by まーつん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

restful-authenticationがインストールできない

初めに伝えておきますと、ハマったけど解決できなかった問題なので、解決策は書いていません。
自分用のメモですので予めご了承ください。

railsの勉強として、ユーザーがログインできるようなプラグインを探していて、restful-authenticationというものを見つけました。
インストール方法も多くの方が紹介されているので、簡単かと思ったのですが、
ruby script/plugin install git://github.com/technoweenie/restful-authentication.git
を実行すると、下記のようなエラーメッセージが表示されます。
ruby: No such file or directory -- script/plugin (LoadError)
それで二時間くらい、いろいろ検索してみたのですが、具体的な解決策は見つかりませんでした。
わかったことは、railsでアプリケーションを作ると、そのフォルダにscriptフォルダが作成されるので、アプリケーションのルートフォルダで実行しないとダメだということくらいでした。とは言っても、ルートフォルダで実行してもうまくいかなったのですけどね。

それでさらに調べていたら、どうもrestful-authenticationはバージョンアップされていないので、使うのを止めた方がいいよ的なコメントをいくつか見つけたので、時間ももったいないしストレスがたまるのもよくないので、restful-authenticationの導入は今回は見送ることにしました。

タグ:Rails
posted by まーつん at 13:29| Comment(1) | TrackBack(0) | Ruby on Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。